投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:東京 2019年勝てる「投資家になるための実践教科書」出版予定

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中 ⇒書籍サンプル 送信希望フォーム

投資でいう短期運用の種類とは

f:id:bfpblog:20190919095210j:plain

 

短期運用の種類

皆さんこんにちは!BFPです!

 

本日は公式LINEでリクエストいただきました、

短期運用の種類』について解説していきます!

 

 前回の記事で、「とりあえず元手を増やすにはテクニカルで短期売買がおすすめ!」という旨を書きました!

bfpblog.hatenablog.com

 

ですが一口に短期といっても定義は様々です!

ですのでこのあたりの考え方と概要を落とします。

 

基本原則は『短ければ短いほど儲けやすい!』でも手間がかかる

短期売買というのは、

取引開始から終了まで、短ければ短いほど儲けやすい

という特徴があります。

 

具体的には『資金効率の話』ですね。

 

例えば100万円もっていたとして

1週間の間に1回ぐらいしか売買を行わない(スイング)のと

 

1日に何回・何十回も売買を行う(スキャルピング)のだと

 

『取引回数=収益機会』という視点で見ると圧倒的に後者が優れています

 

ただし何事も一長一短で

『手間』という観点からみると

 

1週間に1回程度の売買で済むのか

1日に何回も何回も(画面に張り付いて)取引を繰り返すのかという話になります。

 

こういった視点で見ると

前の方が良い取引に見えます

 

ほかの記事でもたびたび言及していますが

ぶっちゃけこの辺りは

 

性格と生活周期に合わせた『好み』の問題なので

向き不向きも含め

「とりあえずテスト的にやってみてください」

という結論になります。

 

具体的な短期売買の種類

 以上を踏まえたうえで

短期売買の大枠の種類は以下になります。

 

  1. スキャルピング
    リアルタイムチャートや1分足を使って
    1日に何度も何度も売買を繰り返す手法。

  2. デイトレード
    5分足・10分足などを活用して1日で完結する取引を行う手法。
    デイトレにも『長め』『短め』があり1日に1回しか取引を行わないのか、それとも1日に2~5回程度行うのか、などによって方針や見るべきチャートが変わる

  3. スイングトレード
    60分足や日足を使い1週間前後で利益確定を目指す手法。

 

以上が、大まかな短期売買の種類です。

これのどれを行うのかによって見るべき指標や使うべきチャートは変わってきます

 

まずは自分に合って『そう』なやつを選び取り

それをもとに学習やアドバイザリーを求めることをお勧めいたします。

 

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中

docs.google.com