投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:大阪・東京をはじめとして全国対応! 2020年『勝てる投資家になるための実践教科書』出版予定・Amazonでサンプル冊子配布中

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル

人的資本と海外投資 働くあなたの資産価値

f:id:bfpblog:20190910100019j:plain

人的資本と投資の関係

皆さんこんにちは。

BFPです!

 

本日は資産運用における、

『人的資本』

という考え方について紹介していきます。

 

人的資本理論とは

 ものすごく大雑把な言い方をすると、

「働いている人は◯◯円分の資産価値がある!」

という考え方です。

 

例えば定年が60歳で現在40歳の方がいらっしゃるとします。

年収が1000万円だとすると、

  • 「年収✕(定年-現在の年齢)」により
  • 1000万✕(60-40)=2億円、

2億円が、その人の人的資本となります。

 

まぁ現実には、

昇給がどうだとか

他の資産・負債がどうだとか、

ランニングコスト(生きるための生活費)がどうだとか、

もっとややこしい話をすると割引率がどうだとか、

 

といった議論があるのですが、

それはいいでしょう。

 

あくまで考え方として、

その人間が将来に渡って稼ぐ額が人的資本

であり資産価値がある、

 

というロジックだとお考えください。

 

人的資本とリスクマネー

 

さて、資産運用においては、

「あなたは資産の内、何割をリスクマネーに割り振りますか?(投資しますか?)」

という議論になります。

 

人的資本論に基づいて考えるなら、

資産全体としては、預金などを株などに全部放り込んでも、比率としては大丈夫!」という考え方になりますし、

 

一方で人的資本論を採用しないなら

全部運用とか無謀だろ!

という考え方になります。

 

これは、どちらが正しい・間違っているという理論ではないので、

  • あなたがどう考えられるのか
  • どう考えた上で運用戦略を立てるのか

が重要となってきます。

 

最近ブームになっている

海外投資を検討される方においては、

 

特にこのロジックを知っているの知らないのか、

採用するのかしないのかによって、

アクションが大きく変わります

 

ぜひともご参考にして下さい。

 

本日は、このへんで。

Youtube・公式LINEで情報発信中

■Youtubeチャンネルで、時事ネタや投資の雑学を配信中!

勝てる投資家になりたい方、投資の知識や雑学力を身に着けたい方は是非ともご視聴ください!

www.youtube.com

 

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル