投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:東京 2019年勝てる「投資家になるための実践教科書」出版予定

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中 ⇒書籍サンプル 送信希望フォーム

平和のために徹底的に潰そう!

f:id:bfpblog:20200108100916j:plain

余計な争いは原則起こさない

みなさんこんにちは!

BFPです。

 

今回は前回の米国とイランの問題について

BFPのビジネス哲学も踏まえて解説していきたいと思います。

 

なぜ中東であるということが引っ掛かるのか?

 

前回の記事で

「遠くの戦争は買い。でも、これが北朝鮮などでなく中東であるイランという点が引っ掛かる・・・」

という内容を書かせていただきました。

 

イスラム教徒の2大宗派であるスンニ派・シーア派の例を引くまでもなく、

中東というのは過去の宗教的な遺恨・対立から争いが絶えない火薬庫のような状態となっています。

 

宗教問題に関する細かい言及はしませんが、

今回問題となったイランは『シーア派』が多く、

アメリカと長く因縁があるイラクなどもシーア派です。

 

そのため、

『遠くの戦争は買い』とはいえ、今回の事態がそういった泥沼な紛争状態にさらに拍車をかけ、経済ひいては市場に悪い影響を与えるのではないか?

ということをBFPは懸念しています。

 

争いは『起こさない』『起きたら徹底的に潰す』が原則

まぁとはいえ。のど元過ぎれば何とやらで、

『通常の紛争云々よりは影響が長めなものの、中期的に見れば問題を忘れて市場は正常化されるのでは?』

と考えています。

 

ですので買い時である現在、

通常の売買より長めに期間を設けて、

ドルコストで積み立てればいいかな

と考えております。

 

ここからはBFPの経営哲学も入ってきますが。

原則として、『何の利益もない、余計な争いは原則起こさない』ことが大事です。

 

個人の細かい問題から国家の運営に至るまで、

1円にもならないトラブルは時間の無駄です。

 

そして大事なのがここから。

現在のアメリカも直面している問題ですが、

『トラブルが起きた』もしくは『起こして』しまった場合。

 

この場合、中途半端な対応は悪手であると考えます

 

やや過激な言い方になりますが、

『見せしめ』というと言葉は悪いですが、

 

「しょうもないトラブルを起こしたらここまで徹底的に反撃して、本人だけでなくその他利害関係者まで徹底的にぶちのめすぞ!」

 

というところまでやることが大切です。

 

そうすれば巡り巡って中期・長期的にトラブルの件数は減りますし、

良い循環が生まれます。

 

弊社は上記を前提に、

「果たしてアメリカとイラン、シーア派はどこまでやる気なのか?それが、市場に『いつまで』『どのような』影響を与えるのか?」

を注視して、今回の投資ポジションを考えたいと思います。

 

というわけで、今回はここまで。

平和主義の方にとってはやや過激な内容となってしまいましたが、

あくまで考え方の一つとしてご参考にしていただければ幸いです。

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中

docs.google.com