投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:大阪・東京をはじめとして全国対応! 2020年『勝てる投資家になるための実践教科書』出版予定・Amazonでサンプル冊子配布中

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル

法人機能を海外に移しての所感

f:id:bfpblog:20201019154410j:plain

海外に拠点を置く

みなさんこんにちは!

BFPです。

 

本日は、よく「海外に拠点を移すこと(口座を作ること)が投資の集大成だ!」みたいに言われるので

 

弊社も投資家の視点から海外に事業譲渡した後の所感について、書いていきたいと思います!

投資の選択肢は広がった

日本でいう楽天証券、SBI証券のように、

『総合証券会社』と呼ばれる各国の商品に気軽にアクセスできる会社が多く、

また取扱商品・国家も多いため、投資の選択肢は非常に広がりました。

 

また日本ではなかなか販売されない「保険」「事業証券」なども

取り扱っているところが多く、良くも悪くも

「セミプロ以上の投資案件で、ハイリスクハイリターン」を狙える環境が

当たり前にある状況です。

 

そのことからも、投資・運用という観点だけでみると、

海外移住は正解だと思われます。

デメリット 気を付けないといけないポイントが増えた

一方で、選択肢が増えたことで

「注意しないといけないポイント」が一気に増えました。

 

例えば

  1. 税法上、適切に会計・申告を行わないといけない
  2. 為替レートを気にしないといけない
  3. 現地の方を雇用する際のルールなど
  4. 信用金庫などと取引していた場合、住居区縛りで強制終了

1は言わずもがな、

2や3は「海外」という点全般に言えるデメリット、

そして4は完全に見落としていて、

入出金やらなんやらがてんやわんやになりました笑笑

 

なので読者の中に

『不動産投資などで信用金庫から融資を受けている方』は、

海外へ移住して投資家として生きるという方法に関しては注意が必要です。

 

ウチは無借金会社なので影響ありませんでしたが、

融資を引いてると最悪、一括返済を求められます。

 

今回はこの辺で。

海外投資・海外移住というと夢が広がりますがデメリットも存在すうことを忘れないようにしましょう!

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル