投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:大阪・東京をはじめとして全国対応! 2020年『勝てる投資家になるための実践教科書』出版予定・Amazonでサンプル冊子配布中

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル

大統領選で短期投資する時の秘訣01

f:id:bfpblog:20201019154923j:plain

大統領選挙で短期投資するコツ

皆さんこんにちは!

BFPです。

 

今回は『アメリカ大統領選前後に利益を出しやすい方法』について解説します!

投資は「リスク=リターン」

資産運用における「リスク」とは「危険」という意味ではなく「変動率」をさします

つまり、価格が上がったり下がったりする振れ幅が大きいことをリスクが高い、

ほとんど動きがないことをリスクが低いと呼びます。

 

その観点で行くと、大統領選というのは非常にわかりやすいイベントで、

リスクが高い、つまり儲けるチャンスが大きいタイミングということになります。

 

こういった高リスク相場での手法について、いくつか解説します。

基本は「チャート」!でも信用しすぎるな!!

基本的には、チャートを基準とした順張りもしくはレンジ取引を行います。

 

順張りは書いて字のごとく、

「上がっているときに買い、下がっているときに売り」

のポジションを立てることです。

 

レンジは

「直近、○○円になったら、△△円に落ちて、また〇〇円を目指しているな」

という価格の行き来を狙うものです。

 

日経平均を例にすると

「2万3千ちょっとはいくけど、そっからはのびずにおちてるな。そのはばを狙おう」

という取引になります。

上記の順張りは短期、レンジは短期取引の中の中期

(FXで1時間足を使っての24時間取引や、株で60分足を使っての1週間スイングトレード)に用いられます。

 

大統領選で利益を上げたい方はこのいずれかを、

「自分の取引スパンに合うほうを使う」

ことをお勧めします。

注意点

 チャートの読み方などに関しては通常の運用と同じですが、

注意点として

『激しく下落する相場の時は、サインを信用しすぎない』

ということが大切です。

 

近年ではAIトレードが盛んで、

「こういう形になったら投資家どもはこう動くだろう!」

というのをプログラムが理解しています

 

それを逆手にとって短期で売り買いを入れる

という状況にステージ仕様が変わってきているので

注意が必要です。

 

【次回、続きます】

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル