投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:大阪・東京をはじめとして全国対応! 2020年『勝てる投資家になるための実践教科書』出版予定・Amazonでサンプル冊子配布中

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル

2021年度版 勝てる投資家になるためやるべきこと

f:id:bfpblog:20200318140521j:plain

 

皆さんこんにちは!

BFPです。

 

明けましておめでとうございます。

(遅いか。。。)

 

激動の2020年が終わりまして、いろいろ尾を引く2021年に突入いたしました。

というわけで今回は、「勝てる投資家」になるため、年初に行うべきこと・行っていくべきことを簡単に書きたいと思います!

 

▼まずは昨年度損益の「棚卸」

 

去年、どれだけ儲かったor損したのか?

また、「そうなった理由は何なのか?」

 

これを、【紙に書きましょう】

いいですか?パソコン入力でも、スマホでも、脳内入力でもなく、【紙に書きましょう】

 

パソコンやスマホなんて電子の海に紛れて2か月もすれば存在を忘れますし、ご自身の記憶力に自信があるのは大変すばらしいですが、人間適当なもので、それが苦い思い出の場合あっさり忘れます。

アナログでも、必ず目に見える形で紙に残してください。

(この時点で大体8割の人が挫折離脱するイメージ。なぜだ。)

 

投資でも、事業でもそうですが、「成績と、その要因分析」というのは必須です。

儲かったなら「勝てた理由」が、儲かってないなら「負けた理由とその対策」を練ることができます。これは、「必要だと思ってるけど、やらないこと」ランキングTOP3に入っていると過言でもないでしょう(だから勝ち続けられる投資家が少ない)。

 

必ず、やりましょう。

 

▼本年度の目標リターン・リスク決め

 

投資というのは原則、「リスク=リターン」です。

その原則を忘れないようにしつつ、「今年はどれだけのリターンを目指す」のか決めましょう。

 

それにより、株なのか、債券なのか、不動産なのか、仮想通貨なのか。

短期売買なのか、中期長期保有なのか。はたまた配当・金利主義なのか。

 

等が見えてきます。

 

基本原則として「売買を繰り返す期間が短くなればなるほど儲かるが、難易度も上がる」という前提で、ご自身の目標と腕を前提に、決められることをお勧めします。

参考数値としては、短期売買を積極的に繰り返すつもり(リスク100%)なら、投資資金にもよりますが年利50~150(レバレッジ有の場合)%資金の半分を短期売買、それ以外を安定運用なら年利20%ぐらいが、現実的な目標としてよいかと思われます。

 

▼目標を達成するために

 

上記と、「自分が投資に使えるお金」が見えれば、あとは「その運用方針に向いている金融商品はなんだろう?」というシンキングタイムに入れます。

 

これは知識に手持ちがあるとは限らないので、即答するのではなく「この条件を満たす投資商品はあるのかな?」と学習していくところからスタートになるケースも珍しくありません。

 

 

以上が、基本的な「勝てる投資家」になるための、年初に必要だと考えるアクションです。

今回はこの辺で。

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版をAmazonで配布中 ⇒書籍サンプル