投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:東京 2019年勝てる「投資家になるための実践教科書」出版予定

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中 ⇒書籍サンプル 送信希望フォーム

米国・イラン問題と相場について

f:id:bfpblog:20200108100550j:plain

戦争と株式相場の関係

皆さんこんにちは!

BFPです。

 

新年早々、トランプ大統領がやらかしたせいで面倒なことになってますね・・・。

というわけで今回は、

 

米国によるイラン革命防衛隊のカッセム・スレイマニ司令官殺害と、

それが投資に与える影響について分析していきたいと思います。

 

一時的には『日本株』『アメリカ株』は下落

当然ですが、世界的なリスク(今回の場合、戦争リスク)が高まり、

日本株とアメリカ株は一時的に下落します(しました)

 

アメリカは、当事者なので言わずもがな。

日本株は、リスク回避による円買いによって発生した円高と、

それに引きずられた株安となっております。

 

ただ一方で、

2019年の1月に起きた瞬間暴落(フラッシュバック)ほど大きな相場変調はなかったため、それを警戒していた市場参加者は本記事執筆時点の2020年1月7日時点では、

少しほっとして株価・為替ともにやや戻しているというのが現状です。

 

昨年の苦い記憶があった市場関係者の皆さんは、

2年連続のフラッシュバックを警戒して、やや過剰にリスク回避体制をとったものの、それが是正されつつあるという状態です。

 

今後どうなるのか?

今後どうなるのか・・・に関しては難しい問題です。

 

投資の格言に、

『近くの戦争は売り、遠くの戦争は買い』

というものがあります。

 

文字通り近くで起きた戦争は経済に大きな影響を及ぼすので『売り』

一方で今回のように遠くで起きた戦争に関しては、

一時的なリスク回避はあるものの、本国に大きな影響は出にくいので買いだ!』

という判断をすべきであるというのがこの格言の本意です。

 

ネックは中東であるということ

 例えばこれが北朝鮮やヨーロッパであれば、

格言の通りにためらいなく行動するのですが、

 

私はこれが

『中東のイランと起った問題である』

というのが少し引っ掛かっております。

 

この辺に関しては、ビジネス哲学などにも絡んできますので、

また次回に回して詳しく書きたいと思います!

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中

docs.google.com