投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:東京 2019年勝てる「投資家になるための実践教科書」出版予定

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中 ⇒書籍サンプル 送信希望フォーム

優待株式投資 上級編(銘柄選びと注意点)

f:id:bfpblog:20190919095851j:plain

 

優待銘柄の選び方と注意点

 皆さんこんにちは、BFPです。

 

優待株式投資シリーズ3本目は、

なさんが知りたいであろう 優待銘柄の選び方と注意点 です!

 

基本原則

 優待投資を行い始めるとなぜか『株価』についておろそかにする方が多いですが

 

優待投資であろうとなかろうと

『暴落の危険が潜んでいる銘柄を購入するのは論外』

です。

 

安定して優待投資で損をする方は

これをやってしまっているというパターンが一番多いです。

 

投資でも節税(ワンルームマンションとか・・・)でもいえることですが

 

増えた配当(優待売却)や節税できた金額以上に損をするのでは、なんにもなりません

 

優待銘柄自体はさまざまなメディアがランキング化しているので

探すのは容易ですが

 

『優待だけに釣られると痛い目を見る』

 

というのは、肝に銘じておいてください。

 

継続的に出している優待銘柄が安全

 市場で売買されている投資商品というのは『リスク=リターン』が原則です。

 

  • 新規顧客を開拓する
  • 顧客を囲い込む

という目的で優待を出している企業なのか

それとも

 

『おいしくみえる!』

という形にしないと買い手がつかない企業(株)なのか

 

という目線で見ると、優良な優待銘柄というのは見えてきます。

 

後者の場合

本業とは全く関係のないギフトセットやクオカードなどを優待にしているケースが多いです。

 

プロ投資家目線からすると

 

「いや、自社商品と関係ないならその分配当でだせばよくない?優待にしてランキングに乗るとか、話題性を集めたいのかな・・・」

 

などという、うがった見方をしちゃいます。

 

そして100%とは言わないものの、大体暴落します。

 

お勧め候補

 これらを前提に考えると、候補はやはり以下となります。

 

  • イオンやビックカメラといった『店舗系』
  • マクドナルド、吉野家といった『フード系』
  • ANAなどの『交通系』

 

投資ですので

 『換金しやすく』かつ『本業に関係ある』というのが

一つの基準です。

 

お勧めではない候補

 

この辺りは具体名を上げずにぼかしますが、

 

  • 市場売買で利回り10%を超える銘柄
  • 本業に関係のない、コメやクオカードといった優待
  • 業績悪化と前後して、突如始まった優待銘柄

 

などが、ヤバイ先の特徴です。

 

皆さんもこれらをご参考に

『優待株式投資』を始める際の基準にしていただけると幸いです。

 

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中

docs.google.com