投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:東京 2019年勝てる「投資家になるための実践教科書」出版予定

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中 ⇒書籍サンプル 送信希望フォーム

海外に口座を作るメリットとは

f:id:bfpblog:20200116145604j:plain

海外口座を持つ理由

皆さんこんにちは!

BFPです。

 

最近、「日本株はそろそろやばい」

ということで海外投資を推進しているのですが、

 

今回は根本の根本、

『海外に口座を作ることのメリット』

について、紹介したいと思います!

 

銀行口座と証券口座

一口に『口座』といっても、大きく分けて2つ、

『銀行口座』と『証券口座』が存在します。

 

国によっては上記がイコールである場合もありますが、

一旦おいておきましょう。

 

海外で直接金融商品を売買してそれを現金化する場合、

日本から海外に、もしくは海外から証券口座・日本に

送金するための受け皿が必要となります。

 

ですので、

その国で直接金融商品を売買しようと思うと口座は必須

となります。

 

どの国に口座を作るのかは

それぞれの要望は投資戦略によって変わってきますが、

 

一昔前は香港に口座を作るのが流行りました。

 

まぁ、はやりすぎたせいで

「香港に口座開設するのは、税務署に口座開設するの同じだ」

というジョークが流行るほど監視が厳しくなっちゃいましたし、

 

先のデモなどの影響もあり、今は下火ですが。

 

口座を作る目的で一番多いのはズバリ隠し資産

まず大前提として、

日本の税法上、海外で上げた収益であっても、

国内で申告義務があります。

 

本記事および本サイト・弊社は脱税を推奨するつもりはありませんので、

当サイトを見たとしても、納税は自己責任でキッチリと行うようにしてください!

 

はい。

上記を前提としたうえで。

 

やはり、色々な方にお話をお聞きすると、

海外に口座を作りたい理由を突き詰めると

 

「日本以外に資産を持ちたい(そして隠したい)」

という方が、非常に多いです。

 

それに関する善悪の是非は置いておきまして、

実務上の話として海外に口座を持つと

  • マイナンバーの対象外になるため、資産を追跡されない(されにくい)
  • 海外の銀行は日本より格付けが高いところが多いので安全
  • 海外の株式を買う際、日本の証券会社経由などで買う時より手数料が安い
  • 万が一、日本で損害賠償や罰金をくらっても、海外資産は日本の裁判所では差し押さえできない
  • 外貨建てが基本なので、日本がつぶれる・ハイパーインフレに襲われるなどの事態に陥っても資産が保全できる

 等のメリットがあります。

 

そのため、

「大きな資産を運用するつもりはないけども、とりあえず作っておこう」

という方が、非常に多いです。

 

一部の資産をお持ちの方は、(誠に遺憾ながら)

世の中には人のポケットに手を突っ込んでお金を持っていこうとするヤツも多いので、とりあえず海外に口座をつくるかー、

ぐらいのノリで、口座を作ったりします。

 

ただし、各国の政府もアホではないので、

上記のような資産逃避を避けるため法令は年々厳しくなっております。

そのあたり、ご留意ください。

 

色々書きたいことはあるのですが、長くなりますので本日はこの辺で。

次回は2020年度版の、海外口座開設 最前線の情報をお伝えいたします。

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中

docs.google.com