投資アドバイザーの資産を増やす戦略思考

金融商品を売らない投資と財務の専門家集団が金融の基礎知識からプロの思考まで勝てる投資家になるためのお役立ち情報やコツをお伝えします。本社:京都 出張所:東京 2019年勝てる「投資家になるための実践教科書」出版予定

☆「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中 ⇒書籍サンプル 送信希望フォーム

2020年度版の海外口座開設 最前線の情報

f:id:bfpblog:20200116145844j:plain

最新の海外口座開設情報

皆さんこんにちは!

BFPです。

 

前回は、

「海外口座を持つとどんなメリットがあるの?」

という話をざっくりと行いました。

 

今回は実際に口座開設したい人に向けて、

2020年現在の海外口座開設事情について

お話ししていきたいと思います。

全体的に厳しい

まず、大前提として

海外に資産をもつ、という事象自体がどうしても

悪用(脱税・資産隠しなど)されるケースが非常に多く

 

国際的に年々口座開設審査は厳しくなってきております

 

まぁ、資産を保有している方々にとっては、

『税金を払わない』、『なんかあったときに資産を守れる』というのは

 

「当然の権利だ!」

とお考えの方も多いので

この辺りは口座開設者と国家の意見が真っ向から対立する部分ではありますが

 

それはさておき。

 

厳しいところ

(主に、悪用されまくって有名になりすぎたタックスヘイブン)とかだと

 

口座開設が数年前までは書類送付だけで大丈夫だったのが

いまはなんと

 

「面談のため、現地に来てください。その際、本人が英語で受け答えできないとだめです」

 

という、英語が苦手な民族・日本人にとっては、

非常にハードルが高いものになっています。

 

ですので前回の記事で書かせていただいたように

『海外に口座を開設するメリットはいろいろある。でも、現実には難しくなっている・・・』

 

というのが正直なところです。

書類だけで海外口座開設は不可能なのか!?

結論から言います。

 

まだ可能な所は少数ですがいくつかあります

 

さすがにこれをそのまま書いてしまうと

弊社も商売あがったりになってしまいますし

ネット上に具体的な口座名を書くといろいろメリットが薄れてしまうので

 

この辺でとめますが、現役の運用アドバイザーとして

まだ口座開設が可能な所はいくつかある

 

という点だけ、確約いたします。

 

というわけで、本日はこの辺で。

 

ここからは宣伝になりますが

この辺の内容を初心者向けから上級者向けまでまとめた、

 

「海外投資入門と応用」の、自社セミナーを、本年中に開催予定です。

 

開催日時はまだ未定ですが、通知は↓から登録できる、弊社公式ラインより行います。もしご興味がおありの方は、登録していただけると幸いです。

 

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

 

公式LINEで情報発信中

■更新情報やイベント情報の受信・初回無料の質問をしよう!

ブログの更新情報や投資家向けのイベント情報がLINEで通知されるBFP公式アカウントです!

また初回無料で1件、運用に関するお悩みなどもご質問いただけます。
ぜひともご追加ください!

友だち追加


ID検 索 で の 追 加 は 「@oyj7499e」です!
(@を忘れずご記入ください。)

「勝てる投資家になるための実践教科書」のサンプル版を無料プレゼント中

docs.google.com